不動産物件を探すなら住むことをイメージすることが鍵

  1. ホーム
  2. 契約するときに必要なもの

契約するときに必要なもの

つみき

用意しておくものいろいろ

不動産会社で賃貸物件の賃貸借契約をするときには、必要なものが沢山あります。枚方市で賃貸物件を借りる前に、必要なものはすべて用意してから探すのがおすすめです。まず賃貸借契約書や重要事項説明書に押印する印鑑が必要です。不動産会社によっては、印鑑登録証明書を求めてくる場合もあります。さらに現在の住所が分かる住民票も必要です。印鑑登録証明書と住民票は現在住んでいる市区町村の役場の窓口で発行してもらうことができます。賃貸を借りるときに必要になるのが連帯保証人です。連帯保証人は、一親等の両親か、二親等の祖父母または兄弟と定めている不動産会社が多いです。さらに広げても第三親等の伯父や伯母までです。そして職業を持っていて収入があることが条件です。ただし、枚方市の保証人不要の賃貸物件ならば、連帯保証人は不要です。連帯保証人を頼める人がいないなら、保証人不要の物件を探すことをお勧めします。賃貸契約の席では、まとまった初期費用が必要になります。必ず必要なのが家賃1ヶ月分の仲介手数料や1万〜2万円の火災保険料です。仲介手数料は不動産会社に支払い、火災保険料は保険会社に支払います。さらに、枚方市の普通の賃貸物件であれば、家賃1ヶ月〜2ヶ月分の敷金、家賃1ヶ月分の礼金が必要です。初期費用を可能な限り節約したいなら、敷金礼金無料の00(ゼロゼロ)物件を借りるという手もあります。枚方なら00物件が沢山あるので、物件次第で初期費用を抑えることが可能です。