不動産物件を探すなら住むことをイメージすることが鍵

  1. ホーム
  2. まずは査定をしてもらう

まずは査定をしてもらう

集合住宅

査定前に準備したい書類

マンション売却したいという場合、不動産業者に査定をしてもらう必要があります。査定をしてもらって納得できる価格であれば、マンション売却の手続きを行いましょう。ただ、マンション売却の査定を受ける際、必要となる書類がいくつかあります。事前にどのような書類が必要になるかチェックしておけば、よりスムーズに査定が進むでしょう。まず、準備しておきたいのがマンションの間取り図です。もし手元に間取り図が無いという場合は、マンションのパンフレットでも代用できます。この他にはマンションの管理規約も、事前に準備しておきたい書類です。マンションを購入時に必ず手にしている管理規約の書類ですが、場合によっては無くしたり捨ててしまうケースもあります。探しても無いという時は、管理事務所に相談してもらいましょう。管理規約の書類以外にも、マンション購入時の売買契約書も、マンション査定時には必要です。また、査定をしてもらう際、忘れないようにしておきたいのが登記簿謄本です。登記簿謄本はマンションの権利関係を調べる為に、必要となる書類ですので用意しておく必要があります。法務局で発行してもらえるので、事前に用意しておきましょう。これらの書類の他にもマンション売却の査定時には、固定資産税の納付書や住民票・印鑑証明書・身分証明書といった書類も必要です。査定してもうだけでも、多くの書類を用意しなければいけません。ですのでスムーズに査定をすすめる為に、前もって下準備を行いましょう。